ノアトロ亭のごはん日記

noatorotei.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 11日

ごはん作りの考え方について(1) ~消化とアレルギー~

年末のことになりますが。
初めてコメントをくださったmiyamamaさんから「お腹が弱い」ということと、アレルギーへの対応についてのご質問を頂きました。
私なりの考えをお返事しようとしたのですが、たいへん長文になってしまうことがわかり、記事にしてお返事しますとお約束しました。
というのも、このことは自分にとっては犬たちのゴハン作りの基本にしているテーマで、あまりはしょって書けないのです。
まず、消化とアレルギー、この2つは密接な関係があると思っています。



結論から書くと、ノアもリアンもアレルギー症状に悩まされた時期がありました。
ひどいアトピーや不耐性による著しい症状、という事態はありませんでしたが、ときどきおこる痒み、皮膚の炎症、部分的な脱毛症状、下痢や未消化、目やにや耳ダレなどの症状です。これらは広義な意味でのアレルギー症状だと今の私は解釈しています。
そして、食事その他を見直すことによって(だと信じているのですが)、内服薬やシャンプーなどの薬剤もいっさい使わずに、今現在ではそれらの症状はほとんどおこらなくなりました。

あくまで我が家のケースですし、もしかして自分が実践してきたやり方が正しかったわけではなく、たまたま他に改善要素があったということもあるかもしれません。
が、自分への覚書として考え方の経緯を記録しておきたいと思っています。



ちなみに。
アレルギーは不耐性によるものや、接触性のもの、吸引性のものなどいろいろ原因はありますが、以下の記述は免疫性食物アレルギーといわれる、一般的な食物アレルギーに関してのことです。




食物アレルギーのアレルゲンはたんぱく質であり、このたんぱく質も消化酵素によって低分子まで分解されればアレルギー性は失われます。
逆に腸内に未消化たんぱく質(アレルゲン)が増えると、その一部は腸壁を通過し、体内に入り込みます。この状態の高分子たんぱく質を体の免疫システムは「敵」とみなして異常な防御反応を起こすようになってくる、これが特定タンパク質に対するアレルギー反応である、と私は理解しています。
(すべてのアレルギー症状はこの論理により発生する、というわけではありませんが)


たんぱく質がきちんとアミノ酸やペプチドまでの低分子に分解されれば、少なくとも食物アレルギー症状は起こらない。それはすなわち、
「アレルギーは腸で作られる」といわれるほど腸内環境(消化・分解力)とアレルギーの関係は密接だということになります。


さて、ここまではよく知られている話ですが。

以前に、あるアレルギー専門の獣医さんに取材したときに、とても興味深いお話を聞きました。
アレルギー症状がない犬にアレルギー検査をしてみると、他のアレルギー症状に悩む犬と同じぐらいの数のアレルゲンを持っていることがあるのだそうです。
それではなぜ、その仔にアレルギーの症状が起きないかというと、皮膚や腸内の正しい免疫力が強い防波堤になって症状を出さずにすんでいる、ということなのだそうです。

つまり、必ずしもアレルゲンをたくさん持っている犬ほどアレルギー症状が出やすい、ということではないらしいのです。

このお話は私にとって、まさに「目からウロコ」でした。



やはり長文になってきてしまいました(汗)
それすなわち文才と構成力のなさ、ということだと思うのですが、
一度きちんと順序立てて考えを整理しておきたいので、「つづく」とさせて頂きます。


ちなみに、下の写真は1月5日のごはん。原点回帰で少しシンプルになってきています。
実はmiyamamaさんからのコメントがきっかけになり、我が家のごはんの再見直しをしてみました。
ごはん日記をつけはじめて1年ちょっと。そして自分で驚いたのですが、はじめた当初のごはんからかなり変化していることに気づかされました。
ひとことで言えば「加えすぎ&調理しすぎ現象」になっているということです。
ここで一旦気づいてよかった!miyamamaさん、ありがとーう!
もう一度、食事内容をリセットしようと思い、年末からのごはんを少し見直しています。
そのあたりの、私なりのごはん作りの基本の考え方を、次回は書いてみようかと思います。

a0156190_2240781.jpg
朝/エゾ鹿
  スープ(ジンジャーパウダー、マッシュさつま芋、陳皮)
  人参と卵殻パウダーのビネガー漬け、シーオーガニック、グリーンナッツオイル

夜/エゾ鹿
  スープ(葛、ジンジャーパウダー、マッシュさつま芋、陳皮)
  リンゴとシナモンのジャム(無糖)、シーオーガニック、亜麻仁オイル
[PR]

by sanae_gohan | 2011-01-11 22:40


<< 1月6日~8日      1月3日~4日 >>